So-net無料ブログ作成

Just A Boy / Leo Sayer [ROCK]

この三連休中の我が家のBGMはCarole King、Gilbert O'Sullivanとか、秋ということもあり、相変わらず(?)ソフト系でした。

そんな中でもLeo Sayerに尽きますね~。ベスト盤を中心に流していました[るんるん]が、アルバム的には「Just A Boy」しかありません[exclamation×2]
just-a-boy.jpg

オリジナル(英国)盤のアルバム(LP)は1974年10月に発売されたようですが、日本盤が同時に出たかどうか定かではありません。
私、当時のMUSIC LIFE誌か何かで、このアルバムの広告(だったか?)のジャケットとキャッチコピーを見て気にはなっていたのですが、小遣いがなくて、なかなか買えず、たぶん、1976~7年くらいに買ったかと思います。

そんなことで、いわゆる(「星の王子さま」のオマージュの?)ジャケ買いではありましたけれども、それぞれの曲ごとに本人の書いたイラスト(+歌詞)がプリントされたブックレットを眺めつつ、高校生だった自分は、このアルバムを何度も聴いていましたね~。

Leo Sayerといえば、シングル・ヒット曲もあり、どちらかというとポップ・スター的なイメージがあるかと思いますが、このアルバムでは、ダークな歌詞とB面頭の「明日もあの街角へ」で聞かれるような時に鬼気迫るような歌い方があったりして、その頃はビッグ・ヒットを生み出すとは思えませんでしたが…[わーい(嬉しい顔)]

実は、Leo Sayerのアルバㇺは、なぜか、この1枚しか持っていませんでした。
午後、LPを探し出してブックレットなどを一通り眺めた後、2002年にリリースされたCDを引っ張り出してPCに取り込み、今、「Just A Boy」を聴きながら、ブログを書いているところです。

シングル曲でスライドギターがフィーチャーされた「渇いたワイン・グラス」のほかにアップテンポの曲としては「トレイン」、「ワン・マン・バンド」があるのですが、大半はスローな曲で占められています。

しかしながら、「セント・メリーの鐘」、 「イン・マイ・ライフ」、「明日もあの街角へ」、「いつか、どこかで」、ラスト曲の「すべてが水の泡」まで、本作に収められているバラード曲は、Leoの歌唱も相まって心に沁みるものがあります…[もうやだ~(悲しい顔)]

もちろん、1曲目の「テレパス」(歌い出しのところの変なビブラートが妙[わーい(嬉しい顔)])と「ソロ」も決して捨て曲ではありません。
このアルバムは、楽曲とジャケット、ブックレットまで含めたトータルで見て、名盤だと思いますし、40年前の様々な思い出とともに、私にとって、とても大切なものとなっています。

Silverbird / Just a Boy

icon">href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002HHH3ZO/blogsonetn0d8-22/ref=nosim" target="_blank">Silverbird / Just a Boy

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Edsel Records UK
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: CD

※ ↑ ファースト・アルバムの「Silverbirdと「Just a Boy」のカップリングCDのようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る